葬儀の時の服装マナー

葬儀、お葬式への参列でまず始めに思い浮かべるのは、服装のことではないでしょうか。


お葬式の服装とはいえ、親族や会葬者、お通夜、葬儀などによってそれぞれマナーが異なりますが、ここでは葬儀に参列する時の服装マナーについて説明します。

葬儀に参列する場合ですが、この場合親族も参列者もブラックフォーマルになります。
男性は上下揃いのブラックスーツに白いワイシャツ、黒いネクタイを着用します。女性は膝が隠れる丈の黒いワンピースやアンサンブル、スーツに黒いストッキングを着用するのが一般的です。特に女性は、肌の露出は控えるようにしましょう。
服装と合わせて、小物にも注意したい点がいくつかあります。
男性の靴は黒の革靴、女性は黒のシンプルなパンプスを用意します。



バッグも黒いもので、殺生をイメージさせる素材のものは控えます。また、装飾品は結婚指輪やパールのネックレス程度で、最小限にしましょう。

普段なじみのないブラックフォーマルですが、急な葬儀の参列にも対応できるように1着は用意しておくと安心です。小物も長く使えるものを1セット用意しておくと、いざという時に慌てなくてすみます。

goo ニュース情報選びをお手伝いするサイトです。

お葬式は故人を偲ぶ、大事な儀式の場です。



故人の親族はもちろんのこと、参列者も正しい服装マナーを守ることは同時に、お世話になった故人への弔いにもなります。
失礼のないようにフォーマルな服装についての知識を、もう一度確認してみてはいかがでしょうか。