見送る人の思い次第で様々な葬儀が行われます

葬儀は家族や大切な人の死を受け入れ、最後のお別れを行う大切な儀式です。



どのようなスタイルで行うかは、残された人たちがどのように故人を見送り、どのような形でお別れをしたいかという思いによって、選ばれるといえるでしょう。なかには故人が生前希望していた形のスタイルで執り行うこともあります。
葬儀と聞くと、一般的には家族や親族以外にも、友人や職場関係者など多くの人が参列し、会葬するものを想像する人が多いでしょう。


しかし近年では葬儀の種類も多様になってきています。

故人と生前かかわりのあった多くの人が参列するスタイルを一般葬と呼びます。

一般葬は人間関係や社会関係での縁や絆を重視した伝統的なスタイルであるといえるでしょう。

たいていの場合は、会葬予定者人数が300名以下の規模のものを一般葬と呼んでいます。


喪主や遺族にとっては、準備に追われたり、当日も参列してくれた方々の対応など、一時的に負担が多くなります。

そしてこれとは対照的に遺族や親戚、親近者などの少人数で営む葬儀が家族葬です。

毎日新聞の最新情報を公開しています。

会葬者が20人から30人以下となることがほとんどです。

このようなスタイルは、首都圏では約60パーセントを占めているといわれています。



会葬者を身内や親しい人に限定することで、喪主や遺族の負担も大きく軽減できるでしょう。


また費用も軽減できることから、近年では選ばれることが多くなっています。どのようなスタイルの葬儀を行うにしても、個人との最後のお別れであることには変わりません。それぞれの思いを大切にしながら、選ぶようにしましょう。